相変わらずの、朝6時発。
今回はノー休憩で掛川まで。一気に200Km駆け。
ちょっとイメージチェンジしました。わかりますか?
次は刈谷SAで休憩。これは100Km駆け。
名古屋といえばきしめん。贅沢に「肉と玉子」付き。
イメチェンとは、カウルをツーリングロングに変えたことでした。自己満。
さて、また100Km駆けで天理PAへ。
そしてフェリー乗り場の近くまで到着。スーパー銭湯で時間調整。
いやぁ~、天気が不安。台風16号、反れてくれ~
なんか慣れたな、今回は弁当買い込み、食堂は使わず。
いやぁ~、雲は多いけど、青空も凄い。
そして「志布志港」に着岸。視界不良のため45分遅延。
時間もないけど、記念撮影。前のバイクも同様に。
途中、見事な小川。
青空と深緑と清流、、、これを求めてた。
雲は多いけど、まだ大丈夫。
行く先は青空だし。
途中、開聞岳を海越しに。しばし休憩。
そして佐多岬。目的の「本土最南端証明書」をゲット。
これこれ、これを求めての今回のツーリング。
展望台付近が工事中のため、ここから送迎バスらしい。
暫し待つけどバスは来ず。もう時間が。。。
で、宿「さくらさくら温泉」に一気駆け。
こちらが母屋。食堂と温泉。さすが休日、混んでます。
さて夕食。ジャンジャン出てくる、が、どれがメインか。。。
ごはんで〆て、デザートのメロン。
今晩は別館の貸切風呂で我慢、だって超混み。
道すがら購入した「明るい農村」。横浜でも売ってるけど、まぁ。
で翌朝、名物の泥パック温泉に。当然泥パックしました。
風情ある廊下を戻り、ふと空を見上げると、
雲は多いけど、その隙間に光もあふれ。
朝ごはん食べたら、ちょっと散歩に。「朝カレー」で元気いっぱい。
霧島山中をツーリング。ポツポツするけど、気にしない。
森の向こう、霧島温泉の源泉です。
滝など見ながら、
深緑と清流、青空は、、、
青空はなく、なんか嫌な雰囲気が。
う~ん、雲が低い。そろそろ引き上げるか。
かなりのグニャグニャロード。路面が濡れてなければ楽しいのだろう。
せっかくなのでラーメン「鳥なんこつラーメン」。具は豚チャーシューですが。
これも「貸切風呂」。濡れてしまったので、まずは近場で温まる。
さて母屋で風呂でも、、、が、大雨に。
それでも腹は減る。牛豚鳥鍋、〆の雑炊(増水ではない)。馬はないけど美味かった。
台風一過、青空。さて、宮崎経由で大分へ。
ん?車がUターンしてくる?まさか?
まさかの「通行止め」。東九州自動車道が全線に渡り、って。
また霧島山まで引き戻り、熊本経由で行くことに。プラス150Km。
しかも雨だし。
休憩すると雨が止む。
佐世保の気分ではないし。
さて、先を急ぎますか。
湯布院から別府も通行止め。一般道は山道。
晴れてれば気持ちよいだろうなぁ~
でも、雨だし。
とにもかくにも「和の宿 夢月」へ。
宿に着いたら晴れてきた。
別府温泉の湯けむり。風情あり。
明日は晴れるかなぁ。。。
で別府温泉。ここも100%かけ流し。今回はすべて100%かけ流し。
いろいろ出てくるが、
この宿、24時間生ビール飲み放題。でも、とりあえず焼酎をボトルで。
そしてメインの「豊後牛のステーキ」。美味かった。
メットを綺麗にしたら、
自分も綺麗に「貸切風呂」へ。ちと小さかった。これがx4個あり。
お夜食とのこと。素晴らしい。次回もここに泊まろう。
オーソドックスな朝ごはんだけど、
本物の炭だ。固形燃料ではなく。
相変わらずの天気です。
スピード出し過ぎはダメですよ。
綺麗な田舎道。ここは動画も撮ったので別の機会に。
「宇佐のマチュピチュ」。たしかに後ろの山の感じが。
見渡す限りの山。どうやって生活しているんだろう、マチュピチュ人。
さて福岡ラーメン「博多金龍」。豚骨細麺、やばい。
別府湾を眺める。
パノラマってみる。
ここでも時間調整で100%かけ流しのスーパー銭湯へ。
いよいよ九州とお別れです。
台風のなか、他のライダーもいた様子。すれ違い皆無でしたが。
フラッシュが反射ですが、「明石海峡大橋」越しのグラデーションが最高でした。
大津SAからの「琵琶湖」です。
相も変わらず、雨にやられてます。
ビッチョビッチョなんですけどぉ。
どんだけ進んでも雨。もう、どうとでもなれっ。
ほら、休憩すると雨が止む。飛騨高山ラーメン。新子安駅の屋台のラーメンの味がする。
さて最後の宿「鄙の宿 松乃井」。ここも貸切風呂、露天付き。
そこそこの天気かと思いきや、
あっという間に、視界0mの世界。
さて「飛騨牛尽くし」のスタートです。
まずはステーキを焼いてみる。うまうまっ。
天然の山菜・手長エビ、岩魚塩焼き、自家製酢の物、釜めし。
そして「飛騨高山麦酒」をいただき、
「飛騨牛握り」と「ローストビーフ」。いやぁ~、大満足。
朝は朝で「フグ一夜干し」、それと「朴葉みそ」。たまらん。
今日もスッキリせず。のんびりと帰りますかね。
梓川。ノロノロトラックの後ろはつらいので、少し休憩。
そして雨。まったく。。。一気に帰ります。濡れてます。滑りますっ。
ふぅ、今回も無事故無違反(白バイに止められたけど)で帰宅。まずはビールを。
20160917-23_本土最南端の旅
たかはし ひろし
Author: たかはし ひろし (ID: 29345)
Posted: 2016-09-23 07:45 GMT+00:00
Mileage: 2959.57 km
(0 ratings)
Tags: Motorcycling
Views: 34
Comments (0)
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (97)

7月に本土最南端・最西端の旅に行くも、大雨、洪水、暴風、雷警報が発令され、実際、オートバイではまともに走れませんでした。
(http://www.a-trip.com/tracks/view/186936)

改めて9月に計画し実行したわけですが、台風16号により、前回よりもひどい「避難勧告」まで発令。
雨の隙間をぬって、最南端の佐多岬から霧島、熊本を抜け大分は別府へ。
これも東九州自動車道が完全に「通行止め」のための回避ルート。本来は宮崎を抜けて、だったのですが。

大分港から神戸はフェリー。新東名を使って帰るのももったいなく、飛騨牛を求めて奥飛騨へ。ここでもルートの大部分が雨。
それでも飛騨牛三昧は美味かった。

次は北海道、本土最東端の旅を。。。来年かな。。。

(PS. ルートマップ、線が出ないのはなぜからしら...)

相変わらずの、朝6時発。
今回はノー休憩で掛川まで。一気に200Km駆け。
ちょっとイメージチェンジしました。わかりますか?
次は刈谷SAで休憩。これは100Km駆け。
名古屋といえばきしめん。贅沢に「肉と玉子」付き。
イメチェンとは、カウルをツーリングロングに変えたことでした。自己満。
さて、また100Km駆けで天理PAへ。
そしてフェリー乗り場の近くまで到着。スーパー銭湯で時間調整。
いやぁ~、天気が不安。台風16号、反れてくれ~
なんか慣れたな、今回は弁当買い込み、食堂は使わず。
いやぁ~、雲は多いけど、青空も凄い。
そして「志布志港」に着岸。視界不良のため45分遅延。
時間もないけど、記念撮影。前のバイクも同様に。
途中、見事な小川。
青空と深緑と清流、、、これを求めてた。
雲は多いけど、まだ大丈夫。
行く先は青空だし。
途中、開聞岳を海越しに。しばし休憩。
そして佐多岬。目的の「本土最南端証明書」をゲット。
これこれ、これを求めての今回のツーリング。
展望台付近が工事中のため、ここから送迎バスらしい。
暫し待つけどバスは来ず。もう時間が。。。
で、宿「さくらさくら温泉」に一気駆け。
こちらが母屋。食堂と温泉。さすが休日、混んでます。
さて夕食。ジャンジャン出てくる、が、どれがメインか。。。
ごはんで〆て、デザートのメロン。
今晩は別館の貸切風呂で我慢、だって超混み。
道すがら購入した「明るい農村」。横浜でも売ってるけど、まぁ。
で翌朝、名物の泥パック温泉に。当然泥パックしました。
風情ある廊下を戻り、ふと空を見上げると、
雲は多いけど、その隙間に光もあふれ。
朝ごはん食べたら、ちょっと散歩に。「朝カレー」で元気いっぱい。
霧島山中をツーリング。ポツポツするけど、気にしない。
森の向こう、霧島温泉の源泉です。
滝など見ながら、
深緑と清流、青空は、、、
青空はなく、なんか嫌な雰囲気が。
う~ん、雲が低い。そろそろ引き上げるか。
かなりのグニャグニャロード。路面が濡れてなければ楽しいのだろう。
せっかくなのでラーメン「鳥なんこつラーメン」。具は豚チャーシューですが。
これも「貸切風呂」。濡れてしまったので、まずは近場で温まる。
さて母屋で風呂でも、、、が、大雨に。
それでも腹は減る。牛豚鳥鍋、〆の雑炊(増水ではない)。馬はないけど美味かった。
台風一過、青空。さて、宮崎経由で大分へ。
ん?車がUターンしてくる?まさか?
まさかの「通行止め」。東九州自動車道が全線に渡り、って。
また霧島山まで引き戻り、熊本経由で行くことに。プラス150Km。
しかも雨だし。
休憩すると雨が止む。
佐世保の気分ではないし。
さて、先を急ぎますか。
湯布院から別府も通行止め。一般道は山道。
晴れてれば気持ちよいだろうなぁ~
でも、雨だし。
とにもかくにも「和の宿 夢月」へ。
宿に着いたら晴れてきた。
別府温泉の湯けむり。風情あり。
明日は晴れるかなぁ。。。
で別府温泉。ここも100%かけ流し。今回はすべて100%かけ流し。
いろいろ出てくるが、
この宿、24時間生ビール飲み放題。でも、とりあえず焼酎をボトルで。
そしてメインの「豊後牛のステーキ」。美味かった。
メットを綺麗にしたら、
自分も綺麗に「貸切風呂」へ。ちと小さかった。これがx4個あり。
お夜食とのこと。素晴らしい。次回もここに泊まろう。
オーソドックスな朝ごはんだけど、
本物の炭だ。固形燃料ではなく。
相変わらずの天気です。
スピード出し過ぎはダメですよ。
綺麗な田舎道。ここは動画も撮ったので別の機会に。
「宇佐のマチュピチュ」。たしかに後ろの山の感じが。
見渡す限りの山。どうやって生活しているんだろう、マチュピチュ人。
さて福岡ラーメン「博多金龍」。豚骨細麺、やばい。
別府湾を眺める。
パノラマってみる。
ここでも時間調整で100%かけ流しのスーパー銭湯へ。
いよいよ九州とお別れです。
台風のなか、他のライダーもいた様子。すれ違い皆無でしたが。
フラッシュが反射ですが、「明石海峡大橋」越しのグラデーションが最高でした。
大津SAからの「琵琶湖」です。
相も変わらず、雨にやられてます。
ビッチョビッチョなんですけどぉ。
どんだけ進んでも雨。もう、どうとでもなれっ。
ほら、休憩すると雨が止む。飛騨高山ラーメン。新子安駅の屋台のラーメンの味がする。
さて最後の宿「鄙の宿 松乃井」。ここも貸切風呂、露天付き。
そこそこの天気かと思いきや、
あっという間に、視界0mの世界。
さて「飛騨牛尽くし」のスタートです。
まずはステーキを焼いてみる。うまうまっ。
天然の山菜・手長エビ、岩魚塩焼き、自家製酢の物、釜めし。
そして「飛騨高山麦酒」をいただき、
「飛騨牛握り」と「ローストビーフ」。いやぁ~、大満足。
朝は朝で「フグ一夜干し」、それと「朴葉みそ」。たまらん。
今日もスッキリせず。のんびりと帰りますかね。
梓川。ノロノロトラックの後ろはつらいので、少し休憩。
そして雨。まったく。。。一気に帰ります。濡れてます。滑りますっ。
ふぅ、今回も無事故無違反(白バイに止められたけど)で帰宅。まずはビールを。
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2016 Mobile Action Technology, Inc.