朝6時、出発。
足柄SAで給油し、
一気に遠州森町PAへ。
御在所SAで再び給油し、
名阪国道の高峰SAで一服。
大阪かもめ港に到着。来年からは乗り場が変わるらしい。
志布志行きのチケットをゲット、
出港5時間前に着いても暇です。
ようやく出港。
フェリーを散策するも、外は雨。
さっそく夕食をとって、速攻爆睡。しかし空いてたなぁ。
4人用のツーリストベット。でも一人で快適でした。
到着後、土砂降り。冠水個所ではタイヤ半分埋まり。。。
最南端はあきらめ指宿までフェリー、が欠航。陸路に変更。
ひっくい雨雲。
それでも漁船はでる。
予定外の桜島フェリー。15分なら快適。
ようやく指宿へ。雨はほぼあがる。
道の駅 指宿。びわジュースがうまかった。
う~ん、伝わらない。南国ムード、バリバリだったのに。
「ひょっこりひょうたん島」なイメージ。
宿に到着、まずは一服。抹茶を一服。
今日は奮発、露天風呂付客室。目の前海。
要するに3階の3号室。
「砂むし会館砂楽」、最高でした、写真撮影は禁止。
砂むし風呂上りのいっぱい。くぅ~っ
有名なひと?どこもかしこもこの人。
せっかくなのでさつま揚げとビールおかわり。
「花の温泉ホテル 吟松」、良い宿でした。ぜひまた。
街並みも管理されてていて綺麗。
ホテルの展望風呂、
温泉と海の境目が、
覗き込むと、そこは8階。現実に引き戻されます。
さて、宿の夕食。
お品書きにしたがい、
お造り、から、
焼酎?
目の前で揚げ物をしてくる、仲居さんはたぶん10代。
歯ごたえもしっかりして美味かった。
焼き物と、
酢の物と、
焼酎?。道の駅指宿で購入。まずは赤。
締めのごはん、と、
焼酎?。次は白。黒は明日に。
晴れの予感。
晴れたぁ、奇跡だぁ。
彼方に開聞岳が。ルート変更して行ってみるか。
その前に朝風呂。
朝食を食べたら、
開聞岳へ。
なんと見事な。
池田湖なめの開聞岳。イッシーは見つからず。
指宿スカイラインを快走。
結構距離もあり、くにゃくにゃ、楽しい。
彼方に桜島が。昨日は横をすり抜けたけど、何も見えず。
あ、暑い、、、そして熱い。
海の色が違うけど、やっぱ写真じゃねぇ。
しまった‼‼ のんびりしてたらフェリーに間に合わず。
次まで一時間。
周りにはなにもなし。一時間ぼぉ~っと。
さて、フェリー到着。
まずは天草に渡る。やばい、次のフェリーまで1時間。
一気に天草を駆け抜ける。まさに駆け抜けた、何も観ず。
オートバイ優先。一番前で。でも降りるのは一番あと。
あ~あ、観光名所もいっぱいあったのに。また次回に。
天草に別れを告げて、
いよいよ雲仙に。あとは陸路で長崎の宿まで。
「ホテル長崎」眺望で有名な宿。さすがです。
夕食は外へ。坂の街、長崎。さすがです。
刺し盛り2人前。「お刺身好きなのねぇ」とおかみさん。
すり身揚げ。軟骨入り?コリコリもして美味かった。
たしかに100万ドルの夜景。しばらくうっとり。。。
いよいよ、本土最西端へ。しかしこの天気。。。
向こうは有料の橋です。
時間もあるので国道を進みます。
一気にですが、小佐々公民館へ。
小佐々分室は本日お休み。ここで証明書をゲット。
証明書を積んで最西端へ。
モニュメント、どこもだけど、意味がわからん。。。
相変わらずの天気。
しばらくのんびりしたいけど、
別府までの道のりも長し。行きますか。
ちょっと休憩、
また、ちょっと休憩、
あ、今日は何も食べてなかった。
またまた、ちょっと休憩、し、
天気も回復してきた。
そして別府湾SAに到着。
日差しが強い。心なしかぐったりしてる。
明礬温泉に立ち寄る。
なんか、ノスタルジックな入口。写真撮影禁止。お湯は乳白色。のんびりと。
帰りのフェリーです。
後光がさしてます。
夕食は揚げ物ばかり。そしてカレーは確実に。
二段ベットにテレビ付き。快適です。
神戸は雨。
草津に着いても、天気はいまいち。
一気に新東名の岡崎SAへ。
できたては綺麗です。
建物はパターン化している?遠州森町と大差ない、気が。
静岡SAで最後の給油。そして一気に自宅へ。
5年もののジャケット。風雨から守ってくれてありがとう。
明日、新調します。君はディスプレイさせていただきます。
20160713-17_本土最南西端の地
たかはし ひろし
Author: たかはし ひろし (ID: 29345)
Posted: 2016-07-17 08:28 GMT+00:00
Mileage: 2716.29 km
(0 ratings)
Tags: Motorcycling
Views: 12
Comments (0)
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (103)

13日、翌日は「大雨・洪水・雷」注意報の出ている鹿児島に行くべく、
大阪のかもめフェリー乗り場へ。

目指すは志布志から本土最南端、指宿・長崎を抜けて本土最西端に。
が、「大雨・洪水・雷」注意報は伊達ではなかった。
本土最南端は「命の危険」を感じ、途中で挫折。
フェリーで指宿に渡ろうにも欠航。桜島から鹿児島中央にはフェリーが
通常運航の様子、変更し一路桜島へ。

鹿児島から指宿へ。降ったりやんだりが続く。
指宿の温泉は「砂むし」含め、良かった。また近々に。。。

15日は快晴。これ以上ないくらいの快晴。
開聞岳・池田湖(イッシー)をまわり、指宿スカイラインで長崎に向かう。

途中フェリーを乗り継ぐのだが、10分間に合わず。
せっかくの天草は、一気に通過。鹿児島のホテルに19時到着。

翌日、16日も雨続き。
本土最西端にはたどり着き、「本土最西端到達証明書」をゲット。
別府温泉で時間調整し、大分から神戸へフェリーで帰還。

あとは高速を帰るのみ。

朝6時、出発。
足柄SAで給油し、
一気に遠州森町PAへ。
御在所SAで再び給油し、
名阪国道の高峰SAで一服。
大阪かもめ港に到着。来年からは乗り場が変わるらしい。
志布志行きのチケットをゲット、
出港5時間前に着いても暇です。
ようやく出港。
フェリーを散策するも、外は雨。
さっそく夕食をとって、速攻爆睡。しかし空いてたなぁ。
4人用のツーリストベット。でも一人で快適でした。
到着後、土砂降り。冠水個所ではタイヤ半分埋まり。。。
最南端はあきらめ指宿までフェリー、が欠航。陸路に変更。
ひっくい雨雲。
それでも漁船はでる。
予定外の桜島フェリー。15分なら快適。
ようやく指宿へ。雨はほぼあがる。
道の駅 指宿。びわジュースがうまかった。
う~ん、伝わらない。南国ムード、バリバリだったのに。
「ひょっこりひょうたん島」なイメージ。
宿に到着、まずは一服。抹茶を一服。
今日は奮発、露天風呂付客室。目の前海。
要するに3階の3号室。
「砂むし会館砂楽」、最高でした、写真撮影は禁止。
砂むし風呂上りのいっぱい。くぅ~っ
有名なひと?どこもかしこもこの人。
せっかくなのでさつま揚げとビールおかわり。
「花の温泉ホテル 吟松」、良い宿でした。ぜひまた。
街並みも管理されてていて綺麗。
ホテルの展望風呂、
温泉と海の境目が、
覗き込むと、そこは8階。現実に引き戻されます。
さて、宿の夕食。
お品書きにしたがい、
お造り、から、
焼酎?
目の前で揚げ物をしてくる、仲居さんはたぶん10代。
歯ごたえもしっかりして美味かった。
焼き物と、
酢の物と、
焼酎?。道の駅指宿で購入。まずは赤。
締めのごはん、と、
焼酎?。次は白。黒は明日に。
晴れの予感。
晴れたぁ、奇跡だぁ。
彼方に開聞岳が。ルート変更して行ってみるか。
その前に朝風呂。
朝食を食べたら、
開聞岳へ。
なんと見事な。
池田湖なめの開聞岳。イッシーは見つからず。
指宿スカイラインを快走。
結構距離もあり、くにゃくにゃ、楽しい。
彼方に桜島が。昨日は横をすり抜けたけど、何も見えず。
あ、暑い、、、そして熱い。
海の色が違うけど、やっぱ写真じゃねぇ。
しまった‼‼ のんびりしてたらフェリーに間に合わず。
次まで一時間。
周りにはなにもなし。一時間ぼぉ~っと。
さて、フェリー到着。
まずは天草に渡る。やばい、次のフェリーまで1時間。
一気に天草を駆け抜ける。まさに駆け抜けた、何も観ず。
オートバイ優先。一番前で。でも降りるのは一番あと。
あ~あ、観光名所もいっぱいあったのに。また次回に。
天草に別れを告げて、
いよいよ雲仙に。あとは陸路で長崎の宿まで。
「ホテル長崎」眺望で有名な宿。さすがです。
夕食は外へ。坂の街、長崎。さすがです。
刺し盛り2人前。「お刺身好きなのねぇ」とおかみさん。
すり身揚げ。軟骨入り?コリコリもして美味かった。
たしかに100万ドルの夜景。しばらくうっとり。。。
いよいよ、本土最西端へ。しかしこの天気。。。
向こうは有料の橋です。
時間もあるので国道を進みます。
一気にですが、小佐々公民館へ。
小佐々分室は本日お休み。ここで証明書をゲット。
証明書を積んで最西端へ。
モニュメント、どこもだけど、意味がわからん。。。
相変わらずの天気。
しばらくのんびりしたいけど、
別府までの道のりも長し。行きますか。
ちょっと休憩、
また、ちょっと休憩、
あ、今日は何も食べてなかった。
またまた、ちょっと休憩、し、
天気も回復してきた。
そして別府湾SAに到着。
日差しが強い。心なしかぐったりしてる。
明礬温泉に立ち寄る。
なんか、ノスタルジックな入口。写真撮影禁止。お湯は乳白色。のんびりと。
帰りのフェリーです。
後光がさしてます。
夕食は揚げ物ばかり。そしてカレーは確実に。
二段ベットにテレビ付き。快適です。
神戸は雨。
草津に着いても、天気はいまいち。
一気に新東名の岡崎SAへ。
できたては綺麗です。
建物はパターン化している?遠州森町と大差ない、気が。
静岡SAで最後の給油。そして一気に自宅へ。
5年もののジャケット。風雨から守ってくれてありがとう。
明日、新調します。君はディスプレイさせていただきます。
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2016 Mobile Action Technology, Inc.