ロープウェイで自然園まで。
平日だけどロープウェイには20名以上乗車してました。
天狗原ハイクも終わり頃になって霧が立ち込める。
どうせならハイク中に発生してほしかった~。
青空で気持ち良いハイクだったけど暑かった。。。
再び青空。
シールはずして木地屋に向かってGo!
コースには看板とピンクリボン
回りの山がきれいに見えていました
科鉢池をぐるりと
ヒュッテも見えていました
これまでに歩いてきたルートが一望できる
箙岳の山頂には行かずに西側の斜面を滑走。
が、全く滑れない雪(涙)
標高下がると多少滑れる雪になり調子に乗っていたら転倒してしまった。
途中でコースを見失ってしまったけど暗くなる前にゴール!
相変わらず滑走出来るルートではないけど旅している感じで楽しかった。
2016年4月5日 天狗原から木地屋へ
Tory
Author: Tory (ID: 11177)
Posted: 2016-04-09 14:28 GMT+00:00
Mileage: 15.01 km
(0 ratings)
Tags: Skiing, バックカントリースキー
Views: 66
Comments (0)
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (10)

平日組の親分企画の白馬スキーツアーに参加。
昨年、縞枯テレマーククラブで訪れたコース。
ロングですが昨年は3回目(来馬、紙すき牧場、木地屋と3コース)ということもあって太陽が高い時間にゴール。
殆ど滑ることは出来ないけどスキー履いて旅する感じでとても楽しいコースです。

09時38分 自然園からハイク開始
11時20分 シールはずして天狗原から北上開始
12時20分 お昼休憩
12時40分 ツアー再開
12時47分 フスブリ山
13時35分 科鉢池(風吹大池の西側)
14時46分 箙岳手前から北西斜面に
16時30分 白池近くの林道合流
17時00分 ゴール

距離 15km
メンバー Wさん、Kさん、Tory
天気 晴れ、高度が下がると霧の場所もあり

天狗原をハイク
ロープウェイで自然園まで。
平日だけどロープウェイには20名以上乗車してました。
霧の中
天狗原ハイクも終わり頃になって霧が立ち込める。
どうせならハイク中に発生してほしかった~。
青空で気持ち良いハイクだったけど暑かった。。。
木地屋へ
再び青空。
シールはずして木地屋に向かってGo!
コースには看板とピンクリボン
お昼休憩
回りの山がきれいに見えていました
科鉢池をぐるりと
風吹大池
ヒュッテも見えていました
これまでに歩いてきたルートが一望できる
箙岳の西斜面を滑走
箙岳の山頂には行かずに西側の斜面を滑走。
が、全く滑れない雪(涙)
標高下がると多少滑れる雪になり調子に乗っていたら転倒してしまった。
木地屋の車デポ地に到着
途中でコースを見失ってしまったけど暗くなる前にゴール!
相変わらず滑走出来るルートではないけど旅している感じで楽しかった。
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2016 Mobile Action Technology, Inc.