JR二条駅前・出発前の打ち合わせ
駅前を出発・・
神泉苑
二条城東南隅櫓
地下鉄二条駅前展示施設見学
堀川は平安京造営にあたって、堀川小路に沿う運河としたのが起源であると言われています。平安時代には物資の運搬のほか、貴族の庭園に水を引くためにも用いられ、後には農業用水や友禅染などにも用いられるようになりました。戦後、一部暗渠化され、水質も悪化していましたが、2002年から親水公園として整備が開始され、現在では親水公園として整備されています。
堀川一条戻り橋
清明神社
境内に移築された、旧一条戻り橋の橋柱。
 安倍晴明公とも縁深い一条戻り橋は平成7年に架け替えられ、現在も南100メートルのところに堀川に架かっています。源頼光の四天王の一人、渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした場所としても有名です。また、現在でも「戻る」を嫌って嫁入りや葬式の列はこの橋を渡らないのが習わしです。 先代の橋で使われていた欄干の親柱を境内に移し、昔の風情をそのままに「一條戻橋」を再現しています。-清明神社HPより-
清明神社にお参り
西陣織会館
西陣織会館見学
京都市考古資料館見学
資料館館内
天神公園に到着
休憩(昼食)後のPM行動打ち合わせ
本法寺へ
本法寺多宝塔
本阿弥光悦像と手植えの松
裏千家今日庵
白峯神宮は崇徳天皇・淳仁天皇を祀る。摂社の地主社に祀られる精大明神は蹴鞠の守護神であり、現在ではサッカーのほか、球技全般およびスポーツの守護神とされ、サッカーをはじめとするスポーツ関係者の参詣も多く、社殿前にはサッカーやバレーボールの日本代表バレーボールチームや、Jリーグに所属する選手などから奉納されたボールなどが見られる。
蹴鞠(練習)風景
参拝拝殿
東日本大震災の復興支援を念頭に置いたNHKのドラマ「八重の桜」で、同志社創立者・新島襄と妻・八重が取り上げられ、改めて同志社を知る機会となっています。
構内観歩
相国寺
相国寺
京都・堀川散策路-相国寺方面ウォーク
uji_walkman
Author: uji_walkman (ID: 12644)
Posted: 2013-10-04 07:29 GMT+00:00
Mileage: 7.69 km
(0 ratings)
Tags: 歩こう会, 京都
Views: 448
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (27)

9/22日 宇治市民歩こう会(第587回)9月例会が開催され参加する。
 コース= JR宇治駅(8:34)~JR京都駅~JR二条駅(9:25)集合~朱雀門跡~平安宮大学寮跡~神泉苑~地下鉄二条駅前展示施設~堀川(散策)~一条戻り橋~清明神社~西陣織会館~京都市考古資料館~天神公園(昼食休憩)~本法寺~白峯神宮~相国寺~京阪出町柳駅(解散)。久し振りの京都市内ウォークで残暑厳しい中、堀川のせせらぎを聞きながらの散策で、暑さも和らぎ楽しいウォーキングでした。参加者73名・9kmでした。
(ロガートラブルで9:34~10:12のデーター欠けています。)

JR二条駅前・出発前の打ち合わせ
駅前を出発・・
神泉苑
二条城東南隅櫓
地下鉄二条駅前展示施設見学
堀川親水水路散策
堀川は平安京造営にあたって、堀川小路に沿う運河としたのが起源であると言われています。平安時代には物資の運搬のほか、貴族の庭園に水を引くためにも用いられ、後には農業用水や友禅染などにも用いられるようになりました。戦後、一部暗渠化され、水質も悪化していましたが、2002年から親水公園として整備が開始され、現在では親水公園として整備されています。
堀川一条戻り橋
清明神社
一条戻り橋
境内に移築された、旧一条戻り橋の橋柱。
 安倍晴明公とも縁深い一条戻り橋は平成7年に架け替えられ、現在も南100メートルのところに堀川に架かっています。源頼光の四天王の一人、渡辺綱が鬼女の腕を切り落とした場所としても有名です。また、現在でも「戻る」を嫌って嫁入りや葬式の列はこの橋を渡らないのが習わしです。 先代の橋で使われていた欄干の親柱を境内に移し、昔の風情をそのままに「一條戻橋」を再現しています。-清明神社HPより-
清明神社にお参り
西陣織会館
西陣織会館見学
京都市考古資料館見学
資料館館内
天神公園に到着
休憩(昼食)後のPM行動打ち合わせ
本法寺へ
本法寺多宝塔
本阿弥光悦像と手植えの松
裏千家今日庵
白峯神社
白峯神宮は崇徳天皇・淳仁天皇を祀る。摂社の地主社に祀られる精大明神は蹴鞠の守護神であり、現在ではサッカーのほか、球技全般およびスポーツの守護神とされ、サッカーをはじめとするスポーツ関係者の参詣も多く、社殿前にはサッカーやバレーボールの日本代表バレーボールチームや、Jリーグに所属する選手などから奉納されたボールなどが見られる。
蹴鞠(練習)風景
参拝拝殿
同志社大学到着
東日本大震災の復興支援を念頭に置いたNHKのドラマ「八重の桜」で、同志社創立者・新島襄と妻・八重が取り上げられ、改めて同志社を知る機会となっています。
構内観歩
相国寺
相国寺
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2018 Mobile Action Technology, Inc.