JR岸辺駅前にて出発前の打ち合わせ
駅前を出発
旧中西住宅へ
旧中西家
旧中西家門前
吉志部神社へ
吉志部神社参道の妙見宮
参道の松
創建時のことはほとんどわかっていない。社伝では、応神天皇の時代に大和国の瑞籬(しきみずがき)より奉遷して祀ったとされている。おそらくは平安時代にはあったと思われる。応仁の乱以降の戦国の時に壊滅的に焼失したが、朝鮮から渡来してきた吉志一族の末裔によって江戸時代に再建された。2008年にも放火で焼失し、2011年3月には新しい本殿・拝殿が完成した。(ウイキぺディアより)
再建された本殿
紫金山公園内を歩く
紫金山公園を後に
アップダウンが多い
社伝によると、雄略天皇の代に伊勢神宮の斎宮である皇女・倭姫の示教によって岡本豊足彦が五柱の皇大神を奉祀する地を探し求め、付近の小川谷の地に祀ったという。当初は姫宮社と呼ばれた。(ウィキペディアより)
石段を下る
寺伝によれば天武天皇6年(677年)道昭の草庵が起こりで、道楽・行基と相承。 天平7年(735年)2月16日、行基が裏山の瑞光に気がつき、その地を掘ると栴檀香木の観音像が出現したのでこれを本尊とし、詔を得て伽藍を草創し、坊舎60余院となる。 弘仁5年(814年)と弘仁7年に嵯峨天皇よりそれぞれ綿百屯を施入している。 (ウィキペディアより)
団地内のアップダウン
関西大学を通過
タチアオイ咲く側を歩く
片山公園に到着(昼食)
PM行動ミーティング
公園内を歩く
片山神社に到着
片山神社
大和時代から平安時代にかける、その昔、この地より千里に至る一帯が丘陵地になっており、良質の粘土が多量に出土し、その頃の人達は「須恵器」や「瓦」を作り、生計をたてていた。当神社は、天正の御代(室町・安土桃山時代 西暦1500年頃)の兵火と大正3年の2回、建造物一切が焼失され、古文書等が存在していなので、建立ならび由緒等については不明である。(神社由緒より)
アサヒビール工場見学
ビール工場を後帰路に就く
大阪・吹田散策-ビール工場見学
uji_walkman
Author: uji_walkman (ID: 12644)
Posted: 2013-06-25 06:28 GMT+00:00
Mileage: 11.99 km
(0 ratings)
Tags: Photography, 歩こう会
Views: 504
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (27)

6/23日、第584回宇治市民歩こう会の6月例会が開催され参加する。
コース: JR宇治駅(7:59)出発~京都駅乗り換え~岸辺駅下車~旧中西家住宅~芝金山公園(吉志部神社)~佐井寺~関西大学~片山公園(昼食)~片山神社~アサヒ・ビール工場見学~JR吹田駅(解散)。
梅雨時期の歩こう会、今回は吹田市街のアップダウン激しい住宅地を歩き汗を流した後、午後はビール工場見学とビールの試飲でのどの渇きをいやしました。
参加者108人、8kmでした。

JR岸辺駅前にて出発前の打ち合わせ
駅前を出発
旧中西住宅へ
旧中西家
旧中西家門前
吉志部神社へ
吉志部神社参道の妙見宮
参道の松
岸部神社
創建時のことはほとんどわかっていない。社伝では、応神天皇の時代に大和国の瑞籬(しきみずがき)より奉遷して祀ったとされている。おそらくは平安時代にはあったと思われる。応仁の乱以降の戦国の時に壊滅的に焼失したが、朝鮮から渡来してきた吉志一族の末裔によって江戸時代に再建された。2008年にも放火で焼失し、2011年3月には新しい本殿・拝殿が完成した。(ウイキぺディアより)
再建された本殿
紫金山公園内を歩く
紫金山公園を後に
アップダウンが多い
伊佐奈義岐神社(佐井寺)拝殿
社伝によると、雄略天皇の代に伊勢神宮の斎宮である皇女・倭姫の示教によって岡本豊足彦が五柱の皇大神を奉祀する地を探し求め、付近の小川谷の地に祀ったという。当初は姫宮社と呼ばれた。(ウィキペディアより)
石段を下る
佐井寺参拝
寺伝によれば天武天皇6年(677年)道昭の草庵が起こりで、道楽・行基と相承。 天平7年(735年)2月16日、行基が裏山の瑞光に気がつき、その地を掘ると栴檀香木の観音像が出現したのでこれを本尊とし、詔を得て伽藍を草創し、坊舎60余院となる。 弘仁5年(814年)と弘仁7年に嵯峨天皇よりそれぞれ綿百屯を施入している。 (ウィキペディアより)
団地内のアップダウン
関西大学を通過
タチアオイ咲く側を歩く
片山公園に到着(昼食)
PM行動ミーティング
公園内を歩く
片山神社に到着
片山神社
片山神社拝殿
大和時代から平安時代にかける、その昔、この地より千里に至る一帯が丘陵地になっており、良質の粘土が多量に出土し、その頃の人達は「須恵器」や「瓦」を作り、生計をたてていた。当神社は、天正の御代(室町・安土桃山時代 西暦1500年頃)の兵火と大正3年の2回、建造物一切が焼失され、古文書等が存在していなので、建立ならび由緒等については不明である。(神社由緒より)
アサヒビール工場見学
ビール工場を後帰路に就く
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2018 Mobile Action Technology, Inc.