国際会館前集合
宝が池へ
宝が池から国際会館-比叡山を望む
深泥池は周囲1540m、面積9.2haの池沼で、浮島や貴重な動植物が生息することで知られている。周囲を丹波層群のチャートを主とする定高性の山で囲まれ、南西端のみが開けて低地に面している。
ミツバガシワの大群落
ミツバガシワの白い花
周囲は約1540m、面積は約9.2haで、池の中央に浮島が存在する。この深泥池に流入する河川はないが松ヶ崎浄水場の配水池より若干の漏水が流入している。周囲は標高200mを下回る小高い山々に囲まれており、南西端のみが開けて
低地に面している。
太田神社(おおたじんじゃ)は古くは恩多社(おんたしゃ)とも言われた古い神社で延喜式にも載せられている式内社です。太田神社は上賀茂神社(賀茂別雷神社)の摂社で、上賀茂を開墾して栄えた賀茂氏によって崇敬された。
大田神社 本殿・拝殿
北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん) 1883年3月23日 – 1959年12月21日 日本の芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。 晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。
藤木社は明神川の守護神として信仰されてきた。賀茂別雷神社の末社で、葵祭には南大路町の氏子により神輿渡御が行われている。社殿後方の楠は樹齢推定500年で、この地のシンボルとして崇められてきた。
京都でもっとも古い神社であり、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。
高倉殿
上賀茂神社 楼門
鴨川堤を歩く
賀茂と遊ぶ家族連れ
京都市街北部の平坦地に位置し、東は比叡山、東山連峰を望み、西に加茂の清流、北は北山の峰々を背景とした景勝の地にあります。  大正6年(1917)に着工し、同13年(1924)1月1日に「大典記念京都植物園」として開園しました。
陶板名画の庭を見学する。
植物園に入る
桜品種見本園
・・・
見本園のさくら
・・・
ヒヤシンスや水仙が綺麗
植物生態園の花
昼食後の打ち合わせ風景
鴨川堤を下賀茂神社へ
平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命。国史跡「糺の森」の広大な境内には本殿(国宝)2棟や53棟の重要文化財社殿が並び、1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。5月15日の葵祭は優雅な王朝絵巻を再現する。
楼門と楼門回廊
さざれ石
糺の森を歩く
公園で解散挨拶風景
鴨川堤は花見の人で賑わう。
歩こう会・宝が池-下賀茂神社
uji_walkman
Author: uji_walkman (ID: 12644)
Posted: 2012-04-09 07:01 GMT+00:00
Mileage: 10.86 km
(0 ratings)
Tags: Photography, Hiking, 歩こう会
Views: 726
Share
Embed this trip
Click here to load all photos (33)

宇治市民歩こう会4月例会(第569回)に参加する。
 コース=宝が池集合(9:00)~深泥が池~太田神社~上賀茂神社~京都府立植物園(昼食)~下賀茂神社~京阪出町柳駅(解散)。
 鴨川堤の花見を兼ねてのウォーキング、快晴のウォーキング日和。桜の満開には少し早かったようですが、各所で早咲きガ満開で綺麗でした。参加者108名、10kmでした。

国際会館前集合
宝が池へ
宝が池から国際会館-比叡山を望む
深泥が池、水生植物群落
深泥池は周囲1540m、面積9.2haの池沼で、浮島や貴重な動植物が生息することで知られている。周囲を丹波層群のチャートを主とする定高性の山で囲まれ、南西端のみが開けて低地に面している。
ミツバガシワの大群落
ミツバガシワの白い花
深泥が池
周囲は約1540m、面積は約9.2haで、池の中央に浮島が存在する。この深泥池に流入する河川はないが松ヶ崎浄水場の配水池より若干の漏水が流入している。周囲は標高200mを下回る小高い山々に囲まれており、南西端のみが開けて
低地に面している。
太田神社
太田神社(おおたじんじゃ)は古くは恩多社(おんたしゃ)とも言われた古い神社で延喜式にも載せられている式内社です。太田神社は上賀茂神社(賀茂別雷神社)の摂社で、上賀茂を開墾して栄えた賀茂氏によって崇敬された。
大田神社 本殿・拝殿
北大路魯山人生誕地
北大路魯山人(きたおおじ ろさんじん) 1883年3月23日 – 1959年12月21日 日本の芸術家。本名は北大路 房次郎(きたおおじ ふさじろう)。 晩年まで、篆刻家・画家・陶芸家・書道家・漆芸家・料理家・美食家などの様々な顔を持っていた。
藤木社・楠
藤木社は明神川の守護神として信仰されてきた。賀茂別雷神社の末社で、葵祭には南大路町の氏子により神輿渡御が行われている。社殿後方の楠は樹齢推定500年で、この地のシンボルとして崇められてきた。
上賀茂神社
京都でもっとも古い神社であり、雷(いかづち)の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除き給う厄除(やくよけ)明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。
高倉殿
上賀茂神社 楼門
鴨川堤を歩く
賀茂と遊ぶ家族連れ
京都府立植物園
京都市街北部の平坦地に位置し、東は比叡山、東山連峰を望み、西に加茂の清流、北は北山の峰々を背景とした景勝の地にあります。  大正6年(1917)に着工し、同13年(1924)1月1日に「大典記念京都植物園」として開園しました。
陶板名画の庭を見学する。
植物園に入る
桜品種見本園
・・・
見本園のさくら
・・・
ヒヤシンスや水仙が綺麗
植物生態園の花
昼食後の打ち合わせ風景
鴨川堤を下賀茂神社へ
下賀茂神社 西参道
平安期以前の創祀で京最古の社の一つで山城国一の宮と崇められ、国事を祈願し、国民の平安を祈る神社として「賀茂斎院の制」「式年遷宮の制」等が定められた。祭神は賀茂建角身命と玉依媛命。国史跡「糺の森」の広大な境内には本殿(国宝)2棟や53棟の重要文化財社殿が並び、1994年(平成6)12月「古都京都の文化財」として、「世界遺産条約」に基づく世界文化遺産に登録された。5月15日の葵祭は優雅な王朝絵巻を再現する。
楼門と楼門回廊
さざれ石
糺の森を歩く
公園で解散挨拶風景
鴨川堤は花見の人で賑わう。
Post to:
FacebookMySpaceDiggDelicious
StumbleUponGoogle BookmarksYahoo! Bookmarks
FunPHEMiDEMi

Comments

Loading...

Leave your comment

Name:
Email: (Optional)
URL: (Optional)
Message:
You can use some HTML tags, such as <b>, <i>, <u>, <s>
Verification:


Regenerate
 
©2018 Mobile Action Technology, Inc.